00012

子供ができない人が妊娠するための方法

原因不明の流産に悩む不育症 ストレス対処が妊娠に

妊娠できた喜びから一転、悲しみのどん底に突き落とされてしまうのが、

繰り返す流産や死産による不育症。

どうしても自分を責めずにはいられず、この苦しみから、心の傷が癒えることがないままに

心の病 鬱に陥る人も少なくありません。

不育症とは、その原因と、それでも6割は原因がわからないとされる

不育症をどうやって克服していったらよいのか、

そのカギを握るストレスの対処についてご紹介していきます。

不育症とは、

不育症とは、妊娠してもおなかの赤ちゃんが育たずに、

流産や死産を繰り返してしまう状態を「不育症」といいます。

流産を3回以上繰り返す「習慣流産」も、不育症とほぼ同じ意味で使われています。

習慣流産はほぼ同意で使われていますが、

これらには妊娠22週以降の死産や生後1週間以内の新生児死亡は含まれません。

不育症はより広い意味で用いられています。

学会では、何回流産を繰り返すと不育症と定義するかは決まっていません。

しかし、一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索していきます。

不育症の原因とは

不育症の原因とされているものは以下になります。

Dieta-para-eliminar-el-dolor-premenstrual-2-1200x800

夫婦の染色体異常

夫婦両方かいずれかの染色体異常

子宮の奇形

着床や胎児の成長に影響するため

双角子宮、単角子宮、中隔子宮、あるいは子宮筋腫など、子宮形態に異常があると、

赤ちゃんに栄養がうまく運ばれないなどで流産しやすくなります。

手術が適応となる場合もあるけれど、手術をしなくても約60%は妊娠継続が可能です。

黄体機能不全

高温相の体温維持などに影響する黄体ホルモンの分泌がうまく働かないことによって

妊娠を維持できないため、ホルモン補充療法が用いられます。

高プロラクチン血症

乳汁分泌ホルモンプロラクチンは、基礎体温の高温相を短くするように働きます。

高プロラクチン血症では、排卵や着床の障害になることが知られています。

甲状腺機能異常

甲状腺の機能低下によってプロラクチン値がたかくなります。

甲状腺ホルモンの異常は薬物療法で改善していきます。

凝固因子異常
血液が固まって胎盤に血栓ができやすくなる

血液中の凝固因子(血液を固めて血を止める働き)に異常があると、

血のかたまりの血栓がつくられやすくなります。

妊娠中に胎盤内に血栓がつくられると、

胎児に栄養が運ばれなくなり、流産や死産のリスクがあります。

抗リン脂質抗体

抗リン脂質抗体症候群は自己免疫疾患の一つで、流産や死産との関係が知られています。

免疫というのは本来、外からのウイルスや細菌などから自分の体を守る防衛システムです。

しかし、この免疫に異常があると、自分の体や組織を異物と認識して

攻撃さえしてしまうことがあるのです。

免疫異常がある場合、血液検査で自己抗体が検出されます。

自己抗体にはさまざまな種類がありまさすが、

抗リン脂質抗体があると血栓ができやすく流産を引き起こすと考えられています。

拒絶免疫異常

胎児の半分は夫の組織に過剰に反応してしまう免疫異常

お腹の中の赤ちゃんや受精卵の半分は、男性側からの組織で作られます。

そのため、赤ちゃんは母体にとって、異物と見なされてしまう可能性があります。

本来は、妊娠にはそれを阻止し、赤ちゃんを体内で育てるためのメカニズムがありますが

この妊娠維持のメカニズムがうまく機能せず、異物と認識してしまうと、

流産を引き起こすといわれています。

糖尿病

糖尿病になってしまうと、様々な病気を誘発させたり、合併症が問題になります。

糖尿病とは血液と血管にトラブルをおこすため、

身体の各所に様々な影響を与えてしまうのです。

この糖尿病による影響の一つに流産があります。

不育症の60%は原因不明

11-3-3

しかし、不育症の原因をさぐる検査を行っても、

60%以上は原因不明だといわれています。

原因がわからず、繰り返される流産や死産に、心がボロボロになってしまいます。

また、原因がわかって、治療をしたからといって、

順調に出産にたどり着けるわけでもないようです。

「自分が悪い。」そう、自分を責めて、責めて、摂食障害などを引き起こすケースもあります。

自分のせいで産んであげられなかったと、罪悪感に取りつかれてしまうのです。

流産・不育症を防ぐにはストレスを減らすことが有効

0010

緊張や恐怖心、自責・罪悪感から、妊娠しても、常に不安に襲われます。

心拍を確認するまで不安で泣いて、次の受診で確認できるまでを

過度の確ストレス状態で過ごしてしまいがちです。

不育症専門医で、青木産婦人科クリニックの青木耕治院長は、

過度のストレスが流産につながると考えています。

ストレスは免疫機能と関係があり、

ストレスを感じた時は、アドレナリンが分泌され、

免疫機能をもつナチュラルキラー細胞が増えます。

受精卵や胎児を異物としてみなして攻撃してしまうようになるという説があります。

また、不安や緊張すると、自律神経の交感神経が有意になり、

血管がギュッと収縮を起こします。

そのため、血流が悪くなり、胎児への血液量が悪くなります。

カウンセリングをしてきた中でも、心のうつをそのままに、

体外受精をがんばってしまって結果を出せずに苦しんだクライアント様もいらっしゃいました。

厚生労働省研究班の調査によると、不育症の原因が見つからなかった患者さんのうち

カウンセリングを受けた人の出産成功率はカウンセリングを受けなかった

患者さんより20%も高い確率で出産に至れるようになっています。

妊娠前の適切な心理的ケアが受けられた場合、流産率を下げられるという

海外の研究結果もあります。

また、ストレスケアは妊娠までにかかる期間を短縮するという研究結果もあります。

心のケアの重要性がはっきりしているにも関わらず、

日本には、不育症の相談窓口は少ないのです。

不妊治療に通っても、充分なストレスケアは受けられないのが現状です。

不妊治療は想像を超えるプレッシャーと負担がのしかかり、不妊治療不妊を招き、

ストレスからの解消や軽減はかなり難しいといえます。

あなたが、妊娠し、出産するためには、心のケアを大切にして、

受精卵がしっかりと着床し、定着できるように、定着力をつけましょう。

早めに相談し、専門家のカウンセリングを受けることが、流産・死産を予防につながります。

★★★相談して本当によかったですといわれるわけ★★★

淡々とした医師には相談できず、
辛くても事務的にこなされる不妊治療に

あなたが、本当に大切にされていると感じ、
心から癒されることなくすごしてきませんでしたか?

気持ちをしっかりと受け止め、
お一人お一人を大切にするカウンセリングが

信頼していただける理由です。

【知識・スキルのこだわり】

【知識・スキルへのこだわり】

個人サロンであり、お陰様でご予約をたくさん頂けるので、なかなか時間がないのですが、少しでもあいた時間には常に研修や勉強に費やし、日々知識・スキルの向上に努めております。今後もできるだけ多くの方に、自然妊娠カウンセラー岡田和子のはぐくみ式をご体験いただけますよう機会を増やしていく予定ではございます。

【ホスピタリティこだわり】

【ホスピタリティへのこだわり】

クライアント様と接する上で、ホスピタリティにこだわるのは当然のことですが、世の中意外とそれができていないのが実情です。本当に心から癒されて、安心してほっとできるホスピタリティとはなんなのかわたしは追及し続けたいと思います。
人生において大事な妊活。それを安心して任せる事ができる存在。そのように思っていただけますよう、今後も進化していきたいと思います。

【ヒアリングのこだわり】

【ヒアリングのこだわり】

クライアント様が心と体を整えて、ママになっていくためのベストサポートをするために、大切なヒアリングに時間と真心を注ぎます。クライアント様へのプラスの変化・効果をご実感いただけるための的確なアドバイスと妊活がうまく好転していかれるようにするために、独自のヒアリング項目にそってご質問をさせていただきますね。耳を離さず、心を離さず、手を止めず、大切なことを大切なカルテに。

【空間へのこだわり】

【空間へのこだわり】

ふっと肩の力を抜いてほっと心を落ち着ける。安心して通えるあったか妊活サロン。些細なことから、ずっとしまい込んで誰にも相談できなかったつらい部分に寄り添う、こころとこころが通いあうサロン。病院とは違い医学的な不妊の原因ではない部分から原因を追及していきます。ホルモンバランスの乱れ方・潜在意識の観点から改善できる妊活専門のサロンです。カウンセリングの後も、ゆったりと余韻に浸ってください。クライアント様の笑顔が何よりの喜びです。

【時間へのこだわり】

【時間へのこだわり】

妊娠した後も通い続けたいと思えるサロン。待ち時間が長い、何度も通わなくてはならないストレス。本当に心がボロボロなのに、真心を感じられない接し方にはうんざりという方。自分だけが来ているわけではないのはわかっているけれど、流れ作業的で
心が通わない。聞きたい事も聞けない。話したい事も話せない。そんなご不満をお持ちの方に。お1人様に集中して基本的には1日2名様までのこだわりカウンセリング。準備からアフターフォローまで心をこめて対応いたします。全てはクライアント様の笑顔のために。

【脳へのこだわり】

【細胞レベルから体を整えるこだわり】

生殖器が機能するように指令を出すのは脳なんですね。その脳がうまく機能するように、脳が正しい指令を出せるようにしてあげることが大切です。ストレスを抱えていると、常に脳の中の警報装置が作動しているのと同じ状況でうまく機能できません。そのため、そのスイッチをOFFに切り替えてあげます。妊娠と脳は切っても切れない関係にあります。にもかかわらず、脳へのアプローチを無視して妊活をすすめられる方が少なくありません。脳といっても、97%を支配すると言われる潜在意識への関わりにこだわっております。なので、深い部分に入り込み、妊娠スイッチをONにできるのですね。

-子供ができない人が妊娠するための方法

注目ランキング

0012 1
赤ちゃん欲しい!ストレスマネジメントが妊娠しやすくするコツ

ストレスと不妊については以前からたくさんの研究結果がでています。 ストレスが妊娠 ...

000001 2
催眠は体外受精の成功率を2倍に!心が体に影響し妊娠しやすく

体外受精といった生殖医療で妊娠するために成功率を高める 方法がある研究で分かった ...

000aaa 3
【驚き】不妊治療受けても受けなくても大差なしとの研究結果

子供のためにと不妊治療を仕方なく受け続けたりはしてはいませんか? 医師が言う内容 ...

0aimg_body_tatto 4
女性ホルモンの乱れこそ不妊をおこす!妊娠したいなら絶対整えておきたいホルモンバランス

ホルモンバランスがあなたに一番必要な定着力をつけてくれます。   ホル ...

winterskin 5
子宮は本当は冷えていない!間違った、温めで招くのは逆効果 

冷え症の悩みありませんか? いろいろやってみても、 手足はすぐ冷えてしまう。お風 ...

0a00namida8 6
体外受精に適する夫婦は?ほんとは間違いだらけ?不妊治療が作り出す真の不妊体質

いままで、妊娠したいなと思ってから、 ご自身が妊娠しにくいんだな。もしかして、不 ...

0nayami1 7
ステップアップ治療が不妊期間を伸ばす!人工授精はあなに必要ない?

医学って確か!確実。信頼。安心。というイメージがありますね。 困ったとき、病気の ...

0a1cached 8
ホルモン補充がかえって不妊体質を作る?!知っておきたい正しいホルモンバランスの整え方

女性の魅力を演出するのも、ホルモン。 女性ホルモンは女性らしい容姿にしたり、 妊 ...

00asoudann41834 9
愕然!病院での超音波検査では不十分なうえにタイミング法では遅すぎる!

妊娠にあたって、排卵日を特定したい。 自分でやってみてだめだったから、病院で排卵 ...

0hijyoushiki 10
人工授精は妊娠率が下がる?間違った治療?妊娠できる正しい妊活へ

ステップアップ治療で通った道。人工授精。 その人工授精は、妊娠率を下げる工程でし ...

0naku1 11
不妊治療をしても不妊の悩みは尽きない!妊娠したいなら、妊娠できる体つくりから

不妊治療を始めるまでに必ずやっておいてほしい事があります。 不妊治療でできる範囲 ...

0a141005_gf1420011342w 12
サプリで妊娠できるは間違い?サプリで補給できるのはプラセボ効果

結婚してから、なかなか赤ちゃんが授かずにいたため、 不安を感じたり、プレッシャー ...

0a1lgf01a201406180300 13
ただのストレス発散は非効果的!ストレスの対処によって88%も妊娠確率をあげる

妊活中は妊娠できたか、できないか、その結果ばかりが気になります。 ある外国のスト ...